不妊治療のQ&Aブログ

by 松本レディースクリニック 不妊センター

Q.不妊治療によって離婚の危機を迎えそうで怖いです

f:id:matsumotoladies:20170403104041j:plain

不妊治療は、ひとりではできません。ご夫婦の足並みをそろえて、協力しあいながら進めていくものです。

しかし、不妊治療では、女性のほうが足しげく通院する場合がほとんど。医師とコミュニケーションをとりやすい妻側と、その報告をうける形になる夫側とは、いつのまにか「温度差」が生まれてくることも多いものです。もし「赤ちゃんがほしい」という同じ目標を共有しながらもすれ違いが続き、最悪の場合離婚にいたってしまっては、これほど残念なことはありません。

 

確かに不妊治療にかかる精神的・経済的な負担は、決して少ないものではありませんし、ときにはお二人に難しい局面が訪れることもあるかもしれません。ですが、ここまで手を取り合ってきたご夫婦なのですから、ぜひお互いを支えあい、困難を乗り越えてほしいと思います。

奥さんが孤独感を抱え込まないようにするためには、旦那さんのサポートが不可欠。時間の都合がつくときには夫婦そろって受診し、ご夫婦の問題として治療を受け止めていくようにしたいものです。

もちろん、不妊治療を経てますます仲を深めたというご夫婦もたくさんいらっしゃいます。そういったご夫婦はコミュニケーションをしっかりと取り、悩みや不満を溜め込まないようにしているカップルが多いようです。

 

ストレスは、不妊の大きな要因のひとつに成りえます。不妊治療をおこなう際は、あまり思い詰めたりご自身を責めたりせず、心身の体調を万全に整えるように心がけてください。



文責:松本和紀(松本レディースクリニック 不妊センター 院長)

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

松本レディースクリニック 不妊センター

〒170-0013

東京都豊島区東池袋2-60-3 グレイスロータリービル1F

Tel 03-5958-5633 / Fax 03-5958-5635

 

<初診のご案内>

当院は予約制ではありませんので、初診をご希望の方は直接のご来院をお願いいたします。初診の方の受付時間は、

平日 午前 8:00〜12:30、午後 14:30〜18:30

土曜日 午前 8:00〜11:30、午後 13:45〜16:00

です。

初診の流れなどの詳細はこちらからご確認ください。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////