不妊治療のQ&Aブログ

by 松本レディースクリニック 不妊センター

Q.体外受精にリスクはありますか?

f:id:matsumotoladies:20170307131757j:plain

今回は、よく質問にあがる「体外受精にリスクはあるか」というテーマについてお話します。

 

まず前提として、ほとんどすべての医療行為において、治療の効果だけを享受できることはありません。医療は本質的に不確実なもので、その行為にはリスクが伴います。

リスクには予測できるものからできないものまで、また、重度なものから軽微なものまでさまざまです。

体外受精において予測されるリスクには大きく以下の3つがあります。

 

体外受精における3つのリスク

1、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

排卵誘発剤を使用する際に、卵巣が過剰反応を起こしてしまう症状です。悪化すると腹水や胸水がたまったり、血液が流れにくくなり血栓症を引き起こすことがあります。

 

2、採卵時の腹腔内出血

採卵時には卵胞に細い針を刺すため、多少の出血を伴います。通常は自然に止まりますが、万が一血管を損傷してしまうと出血多量となるおそれがあります。

 

3、骨盤内感染症

採卵手術のあと、ごくまれに細菌などによる感染症を引き起こすことがあります。

 

これらはいずれも、体外受精において頻発するものではありませんが、可能性としてご了承いただく必要があります。

 

■不安を乗り越えて…

身体的なリスクで言うならば上記3点が主だったものですが、不妊治療における懸念事項はほかにもいろいろあるかと思います。

 

そもそも不妊治療には、時間とお金がかかります。一度の不妊治療で嬉しい結果になる方もいらっしゃいますし、なかなか思うような結果が出ない場合もあります。頻繁に通院していただく必要があるので、ご本人にとっても負担があることはもちろん、お勤め先やご家族の理解や協力も不可欠です。

 

患者さんの多くは、そういった不安を抱えながら通院されていると思います。精神的につらい局面もときにはあるかと思いますが、落ち着いてひとつずつやっていきましょう。心配なことがあれば、なんでも医師やスタッフに相談してください。



文責:松本和紀(松本レディースクリニック 不妊センター 院長)

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

松本レディースクリニック 不妊センター

〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-60-3 グレイスロータリービル1F

Tel 03-5958-5633 / Fax 03-5958-5635

 

<初診のご案内>

当院は予約制ではありませんので、初診をご希望の方は直接のご来院をお願いいたします。初診の方の受付時間は、

平日 午前 8:00〜12:30、午後 14:30〜18:30
土曜日 午前 8:00〜11:30、午後 13:45〜16:00

です。

初診の流れなどの詳細はこちらからご確認ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////